趣味友達を作る方法まとめ!作り方や体験談

趣味友達を作る方法まとめ!作り方や体験談

たった一枚の張り紙が人生を変える事も……。

ほら、楽器屋さんへ行くと必ずひとりはいるギターのショーケースの前で腕を組んでいるおじさん。

 

若い頃、憧れだったマーチンD45をうっとりと見つめ、ああ、こいつがほしかったんだよな……。

 

もし大金持ちになったら絶対買ってやる。

 

でも、俺には宝の持ち腐れだよな。

 

おまけにひとりでボロボロ弾いていてもつまんないし。

 

 

 

どこでメンバーを探せばいいの?

 

実は昔、バンドやっていてまたいつかやってみたいなあ、そう思っているおじさんはとても多いんです。

 

でも、見知らぬ人とバンドをやるって、どうも勇気がいるしな、そんな感じの人です。

 

たいていの楽器屋さんには「メンバー募集」の張り紙が貼ってあります。

 

同じ様な気持ちの人はその中にきっといるはず。

 

 

 

へたくそだから打ち解ける

 

「プロを目指す!」などと書いてある張り紙はまずやめておきましょう。中には正直に「へたくそばっかりです」と書いている張り紙もあるもんです。

 

なまじ上手だと、上は上へと意識が行って本来の楽しい合奏とはなりません。

 

へたくそ通しだから心から笑える、そんな仲間が集えば一生ものの付き合いとなるものです。

 

 

 

家族ぐるみのお付き合いも!

 

昔、バンドやっていたと言う事は、今はすでにおじさん。練習の帰りに一杯。そんな付き合いになって行くのも楽しみのひとつです。

 

そして、そんな付き合いの中で「えっ、じゃ、○○の奥さん、○○高校だったの?俺、同級生だよ」「じゃ、一度、うちのかみさんの顔、見に来いよ」そんな話にも広がって行くでしょう。

 

 

 

かけがえのない友となる事も

 

さて、今日は月に一度のスタジオ練習。

 

スタジオの前にはすでにメンバー集合中。

 

何やら楽しそうに笑っています。

 

そのメンバーの笑顔を見るだけで、こちらもほっこりしてきました。

 

あの小さな一枚の張り紙が、私の人生に大きな幅を持たせてくれたんだ。

 

「よーっ」

 

「バンマス、遅いじゃん」

 

「いや、さっきなゲーハーの親父がいきなり喋りかけて来てな。ツェーマン貸してくれって言うんだよ」

 

 

 

どうやら、このメンバー、言葉使いだけはプロのバンドマンになってきました。(笑)

 

 

私の体験したような趣味友を作る方法として、ネットを利用する方法もあります。こちらのサイトが参考になるので、見てみるといいでしょう。

 

趣味友募集の掲示板!趣味友達探しサイト&アプリランキング



ホーム RSS購読 サイトマップ